木曜日, 10月 14, 2010

肥満を招く地上の星
夜が明るくなったことが現代人の肥満の一因となっているかもしれません
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101013_night_light/

 うんうん、これ、私もそう思ってるし、医者に言われたことあるわ。
 夜きちんと寝ないと生活バランスが崩れて、基礎代謝もめちゃくちゃになって、太りやすくなるんだって。
 そんなだから、この記事見たときは納得した。
 ・・・と書いてる今は夜中なんだけど・・・(苦笑)。

>食べる量や運動量に変化がなくても夜明るい環境で過ごすマウスは太るという結果が出ています
 
 何でだろね。夜眠らないだけで。
 じゃあ、作家とか漫画家とかだったら、夜型な人多いらしいから、そういう人たちはいわゆる『職業病』ってやつになるのかな。この肥満の症状は。
 でも、私の知ってる漫画家さんたちの写真見たけど、そんな太った人いなかったよ(もしかしたら、いわゆる『著者近影(笑)』かも知んないけど)。
 売れっ子だから、夜明るい環境で過ごすことも多いだろうに。
 人によるのかねえ。

>あくまでマウスを使った実験結果から得られた結論ではありますが、「夜の明かりは、人々が予期しないところで社会的な肥満の増加に一役買っている環境的因子のひとつかもしれません」とNelson教授は語っています

 だから、人によるんじゃないかって。個人的に思う。
 もしかしたら、遺伝子とかが関与してるのかもしれんよね。
 私なんか、この説の通りみたいだけど。
 昼夜逆転は体に良くない。
 そういう事なんだね。結論的に。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna Veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

Start Work With Me

Contact Us
JOHN DOE
+123-456-789
Melbourne, Australia