土曜日, 12月 15, 2012

ペニーオークションについて
 すっごい久しぶりだなあ、ここで書くのって。  
 ツイッターに書き込むことも少なくなってきたんで、ある意味どうなることやらと思ってたけど。
 ネタが出来ました、やっと。

 ブログ再開の際、右端のアフィリンクはほぼすべて削除しました。なんだか私物凄い貧乏人丸出しみたいで、・・・あ、実際金持ちではないけど、そんな感じをこのブログ見るたびに思ってたからさ・・・。本来は寄付のためだったし、ちゃんと9月にまとめてコンビニで寄付してきたけどね。やっぱり店内は撮影禁止だったけど(苦笑)。8000円くらいあった。皆様どうもありがとうございます。寄付に対してのレシートみたいなのがあったら皆の目にも入って確認させられるけど、厳密な警戒の方針のために写真も、当然レシートみたいなのもくれなかったけどもね・・・。

 さて本題。
 ここ数日、有名人の宣伝のせいで被害者増大させた「ペニーオークション」というシステム。
 私もたまに見かけたことあるよ~、あと一秒、終わったと思ったらまた時間が伸びていくやつ。しかも、一回入札するごとに手数料がかかるって書いてあって、「ビッダー(入札者)が何人もいるのに時間制限がないんじゃもし落札しても手数料のほうが圧倒的に高いやろ」と嫌に感じて、全く手を出さなかった。

 それが近年、特に有名芸能人数名のブログに、この手のオークションでいくらで安く落札できたとかで写真まで掲載して、ファンやその他読者の関心を引き、この、小学生でも仕組みがわかる悪質システムに引きずり倒すことに・・・。

 問題の芸能人も責任あるけど、事件に関して一番責任あるのは、芸能人のブログなんかで影響受けて軽い気持ちでこういうサイトのオークションに参加したファンやその他一般人だろう。
 ・・・サイト見てまず怪しいとは思わなかったのか?ヲチャーの間でも知能指数に問題ありとかなんとかそういう事書かれて貶されてる私でも怪しさ大爆発に感じたよ?
 しかし、終わりのない入札時間に一回入札する毎の手数料・・・バカにならないよ?
 まあ、それ最初から覚悟して娯楽のつもりで挑んだったんなら何も言わんけど。
 消費者センターみたいなところに電話でそのストレスぶっちゃけるのも滅茶苦茶大人げない。
 相談員さんたちも思ったんだろうなあ、あたしと同じ事を・・・。

 たしかにこの手口は明らかに悪質です。超悪質です。
 でも、乗せられて夢中になり判断力を失った自称被害者にも、十分責任あると思うぞ。
 問題のサイトだって、見てみたら終わりの見えない入札期間、一回入札ごとに手数料がかかるとか、はっきり書いてあるでしょ。
 バッカじゃ無いの。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna Veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

Start Work With Me

Contact Us
JOHN DOE
+123-456-789
Melbourne, Australia