水曜日, 5月 22, 2013

西洋占星術で割り出す配偶者像と人生像
 ・・・ってタイトルですが、インド占星術同様、西洋も、生年月日は勿論出生時間、出生地の緯度経度が必要になってきます。
 これで、個人的なチャートが出来上がるわけですが、私は、クライアントの人生記から出生時間を修正するレクチファイの方法がわからないので、このへんは棚上げさして頂きます。

 西洋のチャートの見方なのですが、この場合は座相の有無なので、インド占星術のチャートを用意します。

HASTAの寝言-fig

 ここのブログの画像の大きさは基本、横幅525ピクセルとなっております。これが、2カラムアメーバブログで綺麗に表示できる最大の大きさなんです。

 話しそれちゃったけど、本題ね。
 このチャートの一番に大きなものが、出生チャートです。配偶者像を見るには出生チャートを読みます。
 ただし、アスペクトの読み方は西洋風で読みます。つまり、正確な角度を必要とします(インドみたいに何ハウス離れてるだけでアスペクトを形成すると言う手法は取りません)。

 まず、女性ならチャートの太陽、男性なら月の、接近の第一種(0度、60度、90度、120度、180度)アスペクトを形成する星を探します。
 ただし、例えば120度を形成しても、その星が逆行していれば、その相手とは結ばれませんので、除外します。
 もう一つ、0度の場合ですが、これは接近でも分離でも、配偶者像の適進星と見ます。

 さて私の場合ですが、3室(このインドのチャートでは4室ですが)に太陽があって、水星と金星とコンジャンクトしています。0度ですね。水星は接近だけど金星は分離、しかし、アスペクトの範囲内なので両方共配偶者の適進星と見ます。
 そして、入っている星座です。水星は射手座27度、水星も射手座27度。金星は山羊座7度です(インドチャートでは全部射手座)。
 これらを総合して読んでみますと、私の配偶者のタイプは、

 ◆頭はエリート並みに良いか、愚鈍か、それとも知性より感性で生きる姿勢の人かどれか(水星が衰弱する射手座)。いずれにしろ神経症気味。
 ◆容姿は細く(水星)、美形(金星)だが、年上(山羊座)。芸術など自分を表現する仕事をしている。


 あと、人物の、人生の象徴的出来事を知る方法もあります。こっちも西洋で見ます。
 とにかく、太陽と、水星と金星を除いた、全ての惑星を対象にします。
 太陽を中心としてみて、チャート上度数が進んでいて一番最初に当たる星を「オリエンタル」、その逆を「オキシデンタル」と呼びます。

 そして、その度数を見ます。
 サビアンですね。この場合、スタゲ(スターゲイザーという占星術ソフト)のサビアンは全く使えませんので、ご注意を。従来の、出版されているサビアン本の通りに従って下さい。

 私の場合は、オリエンタルが月で、魚座3-4度。度数の意味は、「破壊的プレッシャー」から「人生での大成功、多忙」に移ります。月は宿命を表すので、抗ってもそうなる道筋と読みます。
 オキシデンタルはノードと海王星で共に、射手座9-10度。度数の意味は「トラブル、誰かに助けてもらう必要性」から「人生での大活躍と成功、カルマの褒賞」。共に遅い惑星なので、そのスケールも大きくなります。
 確かに前半生、生まれた時から病気がちだわ、要らんところで有名人だわ、もうかんべんしてくれって事件に巻き込まれたり散々。交通事故にも3回遭ってるし、父は亡くなるし、ほんともうキリがありません。


 
 これで、浜崎あゆみさんを見てみました(チャートは取れませんが)。
 彼女は公式では1978年10月2日生まれとなっていますが、彼女の実人生を照らし合わさなくても、全くそぐわない結果になります。「傷つき助けて貰う必要」(冥王星)「絶望」(月)などと、一生惨めな人生が浮かび上がってくるだけです。

 なもので、1998年4月にワイドショーの芸能スクープで見た、彼女のデビュー時に表示されていた年齢を逆算した、1975年10月2日で見てみました。
 すると、冥王星と月が浮かび上がり、「リーダーシップと波乱」「人気、エリート」と言う人生像が浮かび上がってくるのです。特に前者、冥王星の示す「リーダーシップと波乱」は、遅い惑星のためスケールが大きい。正に、かつての大カリスマ歌姫を象徴する姿が浮かび上がってきます。

 なもので、浜崎あゆみの本当の誕生日は、1975年10月2日であると断言できるでしょう。


 配偶者像や人生のまとめ的シンボルを知りたい方は、生年月日と正確な出生時間を教えて下さいませ。これだけなら、惑星の位置とシンボルだけ見ていけばいいので。
 っても誰も知らせてくれないだろうけど(笑)
 なぜならば私は、上に挙げた配偶者になるかもしれない異性と全く出会っていませんから、とーても説得力無いですよね(苦笑)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna Veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

Start Work With Me

Contact Us
JOHN DOE
+123-456-789
Melbourne, Australia