火曜日, 7月 30, 2013

【ヲチ被害者必見】ヲチャの扱い方
 ネットウォッチングをする輩(俗にヲチャ)は見張るように、一挙一動をコピペし正義(笑)の鉄槌で対象を叩きのめす・・・この被害者は案外多いようです(かく言う私もそうです)。
 で、対象となる人は、有名人や実力者、または彼らとプライベートなどで付き合いのある人です。
 私も、今もヲチされてるわけですが、敢えて言います。
 ヲチ被害者は、少なくともヲチよりは上の存在なのだと。

 だいたい、興味のない相手が物凄く痛い事やらかしても、さしものヲチャも興味示さないもんです。で、悪意のあるヲチャがそういう人のサイトのリンク貼っても、どーでもい~って反応で一瞬で叩きが終わるケースもかなりあります。
 芸能人とかぐぐってみたら必ずと言っていいほどアンチスレへのリンクがあったりするのもこういうことです。
 有名人、芸能人、実力者、人気者・・・彼らはいつもこういうゲスな輩にあることを基本に、無いこと無いこと上から書き込まれていることは共通しています。

 つまり、共通する動機は、【対象への嫉妬】これだけです。
 彼らは、自分達が対象に完全に負けてる自覚を歪んだ正義感に変えて、大きな匿名掲示板を使ってそのストレスを吐きまくってるだけです。痛いwwwと書きながらとにかく対象の年齢を強調するヲチャは、大概その対象より年上でしょう。年下だったら、年齢的な余裕感がありますし、よほど狂った輩でない限りは触るのも面倒臭いはずです。

 だから、こういう奴らにリンク貼られたりヲチされて、サイト閉じちゃう人多いけど、実に勿体無いです、というか、残酷な言い方ですが、その時点でヲチャに負けてます。
 元々ネットは自己表現の場でもあるはずです。もちろん感想は人それぞれだけど、他人の意見を大事にするのも重要だけど、基本的には自分を表現するため、発表するためのサイトなのですから、ヲチャに色々書かれたからって逃げるようにサイト閉じちゃうのは明らかに負け宣言だし、意味ないです。
 それに、何も世間的に悪いことをしてないでしょう!?それなのに、消えてしまうなんて、所詮そういう人はその程度の器だったんです。こういう人に限って、新たにヲチャになったりするんですよねえ。


 世間的に見ても悪いことなんかしてない。
 私が十年近く延々ヲチられても主サイトを全く閉じないのは、そういう信念があるからです。
 それすら持てない表現者さんは、ハッキリ言ってサイト運営する器じゃないです。
 折角嫉妬されるほど、名前が知られつつあるのに、被害が怖いからって、ホント勿体無いです。

 もちろん被害対策に関しては重要なので、ブログやサイトなどにプライバシーに関わる文章などを書くことは充分控えてますが(間違った情報を敢えてこそっと書く手も使えるかも)、写真にも要注意ですね。
 車を撮った写真なんですが、そのフロントガラスに映った風景で、ピンポイントの場所を探しだされたという怖い話と言うか、事実があります。旅行先ならいいけれど、自宅周辺の写真は絶対ダメです。それくらい、ヲチャは対象に歪んだ興味を持ってて常に見張っているわけですし詳細を探し当てることなんて訳無いことですから。


 それと一番大事なことですが、

 
 自分のヲチ板には絶対見に行かない!

 これですね。存在は偶然知ってしまうことが多いのですが、閲覧者を装ったヲチャ自身の報告によって板の存在を知らされるケースもあります。とにかくゲスが集まるところです。

 逆な考え方もあります。
 ヲチされ専スレがいくつも立つほどの人は、有名人・芸能人とほぼ同列です。
 凄い痛い人でも有名でも実力者でもなんでもなければ、「確かに痛いね。・・・でもどーでもい~や」で終わるでしょ?それで終わらせない何かがある人なんですよ。でなきゃ、なんで何年も延々ヲチる気力が湧いてくるんだ?!ですよ。
 言い方変えたら、一種のステータスなんです。自分の名前やサークル名、サイト名なんかで検索して、検索候補や検索結果の「更に検索」などに「◯◯ 2ch」って出てきたら、自分が有名人であることの明確な表示であり一般視されていない証拠です。

 自信持って下さい。でも、ヲチ板には絶対に見に行かないで下さい。
 不愉快になるだけですから。


 それで自殺しちゃったとあるAV女優さんは悪いけどかなりのお馬鹿さんでしょう。亡くなった人相手にホント失礼よね。でも、自分から降臨するほどバカな行為はありません。死ぬよって書き込んで、死ねよって煽られて、それで死んじゃったんですから。
 彼女もこんな過ちを犯さなければ、今頃もっといい環境に居たかもしれないのに・・・。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna Veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

Start Work With Me

Contact Us
JOHN DOE
+123-456-789
Melbourne, Australia