ヘタレ描きの日記ω

このサイトは

image
カンタンな自己紹介

Yoko Higashi

 とっても趣味が多い管理人です。

 こうやって他人のページデザインをアレンジしてみたり色々結構やってるけど、

 結局は気がつけば絵を描いていますね。

 文章書くのも好きで2006年末から一年半ほどやってたニュースレビューブログではおかげさまでユニーク100万アクセス頂きました(我ながら今でも信じられないょ)。

 また、けっこうメディア関連でヘタレ絵、文章投稿ともに掲載を頂いていましたが、現在お休み中です。

 でもまた送る気は満々ですね(笑)活動はぼちぼち継続中です。


学校等での得意科目
手紙の代筆をやらされたり

今も文章書きまくってる(得意なのか?)

おえかき

8歳でテレビに作品が出た…

朗読、スピーチ

自覚ないけど褒められることが多い謎。


実績っぽいもの
新聞、雑誌複数に投稿掲載

特に産経と学研ムーでは常連だったが最早過去

電子書籍発表

そういえば出してたの忘れてたw

その他

…思い出せないけど多分ない()


得意技
石の真贋や何の鉱物かわかる
替え詞や作詩など
CGテクはまだまだ…
電波(ry

764

Awards Won

1664

Happy Customers

2964

Projects Done

1564

Photos Made

WHAT CAN I DO

Web Design

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

Responsive Design

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

Graphic Design

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

Clean Code

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

Photographic

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

Unlimited Support

Fusce quis volutpat porta, ut tincidunt eros est nec diam erat quis volutpat porta

SOME OF WORK
ラベル Poetry_and_Lyrics の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Poetry_and_Lyrics の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Chi-Ba-Na

この人と共にすると決めた
誰が何と非難しようと
この独裁者と共に生きると
自分自身で決めた
理由は単純 好きだから
離れたくないから

例え敵が刃や銃で
私たちを裂こうとしても
私は彼を守る
でも彼は「お前を守る」
そう言い合うのが癖のように

強面の集団を見るのが当たり前の世界
味方は支えてくれるけど
今 その味方が次々と
息 絶えてゆく

残るは私と彼
世間で良しとしない世界で共にした
その絆は無限のものだと
ずっと信じてる

たくさんの血花が飛び散った
彼岸花のように整った
美しい花ではないけれど
これが私の愛の証 貫き通した証

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Re-Mix

触ると痺れそうな
密度の高いこの回路は 今
パンク寸前にある

様々な言語 様々な文字
そして様々な人種の交わり
越えられるのは愛だけだと言うけれど
明らかにそれだけじゃない

ぐるぐる廻るこの空間に
様々な世界が展開する
ボタン一つ押せば 一瞬で
目的座標に辿り着く
・・・それが今の世界

アルカイックすらデジタルに取り込まれ
ヒトは 回路の支配の下に置かれ
また 回路の導きで自我を得る

ロボット化したヒトの涙は本物だろうか
それがただの塩水に過ぎないのなら
生きているとは言わない

それでもヒトの改新は続く
肉体を持ったロボットが大増殖する

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Try Again

黄ばんだ野望の地図を開き
かつての夢を探り出す
あの頃は出来なかった事が
今では出来るのかも知れない

周りの一人一人が笑い
喜びの許に迎えられ そして
自分が中心にいるという夢には
そろそろタイムリミットが迫って来ている

後には引けない
前進するだけ でも
不安は全く無いわけでもない
かつては沈んだ青春の輝きが
言葉に出来ない味わいに変わり
この胸を躍らせる
これ以上地図を劣化させないように
今 もう一度
あの夢に挑んでみよう

この身体があるうちに
この気持ちがあるうちに

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Seed of Soul

引き寄せる強い感覚が私を惑わせる
彼は私に関する重要な相手だと
その雰囲気が確信を迫る

何か分からないからもやもやする
現実感がまるで無いから
でも 避けて通れない人だと
心の種が訴え続けている

目が 髪が 襟足が 肩が
そして全てから
得体の知れない「情報」を
心の種に投げかけて来る

いずれ辿り着く 彼の許に
それしか思い浮かばない
理由探しても見つからない

彼の所に行く 彼の所に行くんだ
今遠くても 必ず
・・・訳分からないよ

心の種が告げたことは全て現実になった
素直に信じていれば楽なのに
そう出来ない状況が壁になっている

今も私は戸惑い彷徨う
今も彼は遠く輝く

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Wall of Rules

私はここにいるのにあなたはいない
繰り返すため息がまたひとつ
虚しさの霧を生み出す

目の前に あなたの近くにいるのに
近づけないのは
強固なルールがあるから

ああ あなたのいる場所が霞んで見える
悲し過ぎて心の中から
ほんわりした安らぎが浮かび上がるのは
あなたに会えない所為なのか
それとも
約束を果たせない私の非力さからか

ただただ私は
降りしきる雪空を見上げる
悲しみの現実を見ないように
あなただけを映すように

涙が凍らないうちにこの思いを託す
風に乗せて 彼に届きますように

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Memory of Jewelry

「彼」がいなくなってしまったのは
誰のせいでもなく「彼」自身の運命
けれど 急にいなくなってしまうと
それが現実に起きたものか分からなくなる
それほど 「逝った」事が受け入れられず
・・・・・・ただ悲しい

でもその深い悲しみは
「彼」の事を深く愛している動かない証
楽しかった事も 困った事も
怒った事も 笑えた事も
全て きらきらと輝く宝石だったと知る

がんばれとは言わない
悲しむな泣くなとも言わない
「彼」が最期に遺したメロディーに乗せて
その宝石を愛でて欲しい

そして今 
縁のある命あるものたちの
個性の輝きに照らされて
あなたも大きく輝いて欲しい

「彼」とはまた違った宝石を見つけ出して欲しい

Copyright(c)2009 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

3YEARS

あの遥か 遠くに見える星
ずっと見てた この想いを乗せて
時を刻む 古い日時計の影
君に逢える 『風景』眺めてた

窓の外は変わらないようでいて
少しずつ 時代を映してくよ

幾度の昼夜 迎えたんだろう
毎日見てる 一組の椅子の
片方だけが 空気を乗せてる
『約束の時』 置き去りにして


待ちに待ってた 巡り逢い誘う文
顔変わったね 上手くやってるかな

他所の都市ですっかり変わってしまったね
君の夢 一人で拓くために

『帰って来るよ』と 約束をしてた
あの頃の指 もうすぐ光るでしょう
別の誰かの 元に行くけれど
君の笑顔は 変わらないでいてね

Copyright(c)2008 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

ILLEGAL CIRCUIT

固く閉ざされてる 重い扉の向こう
真紅の鎖また 自由を奪ってくよ
この嘘の身体と 嘘の心縛る
私を支配する 「誰か」の声がする
 
ただ傷つけること ヒトから奪うこと
ただそれだけが使命 ただそれだけが意義
何の疑問持たず ずっと従ってきた
「誰か」の声だけが 私を導いてた
 
意志と鼓動が 誤動作をする
また苦しみが来る 一体何故なのか
もしも私が今 ヒトだったならば
流れない涙も また流れるだろうか
幾つもの願いも 嘘ばかりなら
私の存在も また嘘なんだろうか
この命令にもまた 逆らえないのか
高ぶる気持ち スパークする身体


街行く人たちを 無性に妬んでる
擦れ違う人影 ただ踏んでいるだけ 
皆微笑い合ってる 永遠に続くように
終わりが来るなどと 考えもしないで
 
初めから私が 本当にヒトならば
いつもこんな風に 微笑みあえるのか
初めから私が 本当にヒトならば
きっと君と一緒に 語り合っただろう

今の望みが 嘘ばかりなら
この意志すらもまた 設計図の通り
この苦しみすらも インプットされたモノ
それともこれは何 私だけの感情
ただ命令の通りに 動く筈なのに
どこかで抱いた 切ないモノは何?
君を守りたい 力を持ってでも
また妨害が来る 「身体」のプログラム
それならば何故 今までに無かった
感情と言うもの 持ってしまったのか
苦しみと疑問で 回路がショートしそう
高まる気持ち 突き上げる衝動
 
 
 ヒトと同じように 
魂は無いけど
芽生えた「気持ち」は
嘘なんかじゃない

Copyright(c)2008 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

MEMORY

擦れ違う靴音 乾いた風が掻き消して行く

 朝露のような恋 懐かしく胸のドアを叩く



 海辺に向かってく 並んだ二つの影が弾む

 輝きは永遠と 指絡ませずっと信じてたよ

 

 途方も無い夢見て 駆け足で向かってたあの頃

 幼い瞳が描く 『明日』がずれてるのも知らず

 通わない想いと 長くなる影が交わってく

 あの頃の誓いと あの頃のはしゃぐ声が響く



 現実引き戻す 私の歌声が都市に舞う

 別々の道だね 隣の誰かも今の夢も

 街角の黄色い 並木が風とともに踊るよ

 永遠を信じた 記憶だけ切なく光ってた



Copyright(c)2008 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

WIND

あるようで見えない透明な手が
今日も そっと撫でて行く
短く濃くなる私の影も
思いは同じだろうか

そんな事は分かるはず無いけれど
自然と目を細めてしまう

誰かが私を見て吹き出した
「独り笑い」に見られたみたい
見慣れた風景の中には
どれだけの「思い」が詰まってるんだろう

特に何も無いけれど私は幸せ
どこにいても一人きりではないよと
また
柔らかな手に抱きしめてもらえるから

Copyright(c)2006 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

MOON

深い深い深い夜
華やかに燃えさかる星
踊る街のマリオネット
リズミカル 意識してるよ
いつも華やかなパーティー
楽しもう 夜が明けるまで

近くて遠く 遠くて近い
夜空を滑る月
いつも何かを問いかけるのは
重くて軽く 軽くて重い
意味ある未知の予感
あなたは母で私は娘
それでいいんじゃない

姿を変えて夜を支配し
ヒトを狂わせるの
そんな魔力を兼ね備えれば
いつも最高の日々

たまには甘え 本音で話す
わがままな娘よ
「いつも自由」じゃ疲れてしまう

魔法のように夜を支配し
街を盛り上げるの
いつも夜だけ自由に泳ぐ
月のようになりたい

Copyright(c)2006 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

CALENDER

暦と共に訪れた
様々な「変化」と言う名の流れ

涼しげだった山滝から
バラバラに肌寒い海に辿り着く

光あふれる森で見かけた
川面を滑るひとひらの青葉は

姿を変え
次の満月を 今か今かと
きっと待っている

あの約束の日を指折る私のように

Copyright(c)2005 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

BEHIND THE EYES

つも 同じ夢を見る
誰なのかわからず
おぼろげな顔の彼が
かすかに微笑って 私の手を引く

行く先は いつも大都会
行かずの迷路の狭間で
『ここが君の行き着くところ』
と 言わんばかり

戻る先は やっぱり自室
夢とうつつの狭間で
『信じていようかな』と 
心で呟く

また 朝が来た

KIZUNA

絆という字
書いたり本をめくれば
あっさり見えるのに

本物の絆は
他の誰にも見えない
『強い信頼』


簡単そうで難しそうで
「ある」とはわからないけれど

それは いつのまにか
気が付くものなのかもね

そんな時がいつか
私にも来ますように

Copyright(c)2005 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

RAY

光る風たち『世界』を目覚めさせてく
映える緑も『ココロ』を溶かしてゆくよ
今までずっと秘められていた輝き
見えないチカラ 何かを動かしている

『今日から違う私 誰か見つけてよ
明日一緒ならばあのヒトがいいな』

・・・また短い影が伸びるまで待ってる
今日も私を迎えに来るのを信じて

透明な糸紡ぐ神様お願い
虹のたもとの運命の地図開いて
私に見せて 無駄遣いはしないから
いつも微笑っているのは難しいけど・・・・・・

Copyright(c)2006 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

GRAY-EPITAPH

天空の鏡映した回路
地の底までも触手を伸ばす
網を潜って夜の世界へ
誰もが同じ神の支配を
受けていながら従順してる
一つの末端一つの意識
組み込まれてる千年王国
獣の嗤う神様王国

摩天楼はバビロンの夢
街の明かりは墓標のキャンドル
灰色の世は神も悪魔も
名目だけの有名無実

獣が踊る千年王国
回路の支配に皆気付かない
虹を視る君何故目を閉じる
誰も見えない無限の世界
誰も笑わず同じ魔の夢
揃って見てる神様王国
君が鍵だよ何故気付かない?
獣の王国抜けられるのに

嗤うビル群ソドムとゴモラ
踊る人形野獣の支配
灰色世界人間すらも
名目だけの有名無実


錆びた十字架救いの神は
遠い昔の聖書の誰か
でも今は君無限の世界
視られる瞳で虹橋掛けて
目を閉じないで目を見開いて
目を閉じないで無限の世界を
灰色世界に引き降ろしてよ
誰かが君を責めたりしても
獣が君を喰おうとしても
『神様』君を裁くとしても
ソドムとゴモラ君を責めても
真実だけは裁けやしない
怖がらないで一緒に行こう
振り向かないで傍にいるから

Copyright(c)2006 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

SHOCK AFFAIR

冷たい傷跡 また涙が刺す
何処まで行っても辿り着けない
果て無き孤独 影を落とした

メッキのはげたRing 安っぽ過ぎるダイヤ
孤独に毒を刺す
本気で愛してた君は雲隠れして
誰かと共に居る
昼も夜も暗いこんな気持ちなんて
誰にもわかりゃしない

窓の外の雷鳴はまるで
心の奥底からの叫び
『強い横殴りの雨 君に
思い切りぶつけてやりたいよ』
何も言えないままに彷徨う
妄想(ゆめ)見る魂抜けた放浪者

Pinkの輝き 二人の未来
宝石のビジョン 全ては霧散
果て無き想い 一人影を追う

プリントされた星図 簡単に運決める
神様でもないのに
鍵を共にしてた君は『相手』変えれば
氷の星のよう
何処に行ったらいい? 真実という名の
幸せの在処 どこに どこに・・・


『涙の後の風景はきっと
雲間から光が差して来る』
そう信じたいけれど今は
まだ立ち上がれないよ Heart Break
この想いが振り切れるまでは
何も言えないまま日を過ごす
茨の罠に嵌められたまま

プリントされた星図 簡単に二人裂く
神様の顔をして
本気で愛してた君は雲隠れして
秘密の場所に居る

窓の外の雷鳴はまるで
荒れ狂う破壊神のがなり
この激しい悲しみをありったけ
『鉄面皮』 砕いてやりたいよ
宿命告げるHoroscope 変えたい
禁断の抜け道 誰か教えて

Copyright(c)2005 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

WHIRL-WIND

少しだけ澄んだ風が時々 色々なものを運んで来る
黄色い声に汗土の匂い
袖と共に伸びる影
一言では語れない想い

カーテンを開けて深窓の令嬢を気取っても
モナ・リザにはなれない

色変わりした葉っぱの吹雪に誘われて
自然が演出する時の流れに乗って
気ままに出歩くのもいいかもしれない

それが きっと 私だけに出来る
私らしい秋の美しさ
パーソナリティな芸術

Copyright(c)2006 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

PAIN COMES AROUND

嘘ばかりの交差点 真実映さない鏡
闇を切り裂いて

くるくる回るくるくる巡る
伝説に彩られた星座
微かな声で手を伸ばしても
虚しいね 擦れ違いで消える
『変わらない恋』『永遠』なんて
限りある中でのフィクションさ
フロント向こうの空模様まで
一瞬でシンクロし始める

誰かに言われるために
傷だらけで終わるために
ここにいるんじゃない

偽りのエデンの向かい風も
コピーだらけのガラスの天使も
もうみんな要らない
深い影に閉ざされるその前に
自由の扉を見つけ出すのさ
I feel so good, may be
今は

伝説の星今でも地上(ここ)を
氷のよう 無言で突き刺すよ
MERRY-GO-ROUND アクセル踏んで
流れてく都市(まち)の輝き裂いて
デマだらけの交差点
虚飾だらけの生きる墓標
視界の向こうの空模様まで
一瞬で冷たくなってゆく

誰かに言われるままに
マリオネットになるために
ただ生きてるんじゃない

回路で縛られた愛情は何処?
『神』が仕組んだ偽りの絆
そんなもの要らない
この傷と涙を強さに変えて
自分の未来を切り拓くのさ
I feel so good, may be
ここで

傷を舐め合うだけじゃ その先の先の先まで
ずっと同じ場所

シェルターに閉ざされた真実の
心の中の無限の輝き
ただ それだけでいい
誰かが模造(つく)った道なんて要らない
また始めから歩き出すのさ
偽りのエデンの向かい風も
コピーだらけのガラスの天使も
もうみんな要らない
この傷と涙を強さに変えて
自由の世界を見つけすのさ
悲しみ再び廻らぬように

Copyright(c)2005 YOKO HIGASHI All Rights Reserved.

Start Work With Me

Contact Us
JOHN DOE
+123-456-789
Melbourne, Australia